美貌のトビラ

美貌のトビラ

エイジングケア世代を美しく羽ばたかせる
美容・コスメ・サプリ・健康の情報をお届けする
WEBマガジン。

セックスすると美肌になるって本当?若返り効果がある”正しいセックス”の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セックスでアンチエイジング?

201602_07aイギリスのデイヴィス・ウィーク医師は、「週4回セックスする夫婦はセックスレスの夫婦に比べて老化の進行が遅い」という研究報告を発表しています。

幅広い年代の夫婦1750組を対象に10年間調査したところ、一週間に平均4回セックスする夫婦は、そうでない夫婦に比べて見た目が実年齢よりも5歳~7歳ほど若いという驚きの研究結果。

セックスは老化を遅らせ、若返りを促進する効果があるというのです。これって本当?すごく気になりますよね。
ウィーク医師によると、セックスには体内のビタミンDやエストロゲンの働きを活発にする効果があり、肌の生まれ変わりに良い影響を与えるとのこと。

ビタミンDは肌の細胞を作る働きがあり、エストロゲンは若さと美しさの源とも言われる女性ホルモンの一種。セックスは、この2つの条件を満たす効果があるそうです。

さらにセックスは血液の流れを良くし、体内でDHEAの分泌が高まることで弾力のある肌を保ちやすくなるのだとか!つまり、“美肌”をつくる大切なポイントばかり。
DHEAは別名“若返りホルモン”と呼ばれるほどアンチエイジングにとって大切な存在。

そこに美容ホルモンのエストロゲンやターンオーバーの栄養素であるビタミンDが加わることで老化を遅らせ、マイナス5歳~7歳の若返り効果が期待できるらしいのです。

ただし、セックスなら何でもいいというわけではありません。“愛のないセックス”をしても効果なし!むしろ、愛のないセックスは老化を早める原因になってしまうので好ましくないと話しています。

そもそも愛のないセックスとは、心と体が満たされない状態で行う義務的なセックス。そんなセックスはストレスを溜める一方で、女性ホルモンの分泌を妨げてしまうそうです・・・。

愛のある正しいセックスとは?

201602_07b夫婦なら愛のあるセックス?カップルなら愛のあるセックス?いいえ、必ずしも「好きな相手となら正しいセックス」と言い切れないのが本音です。

極論を言ってしまうと愛のあるセックスとは、誰とセックスしたかではなく、誰と質の良いセックスをするかが重要になってきます。
好きな相手とでも気持ちが乗らないままセックスすればストレスの原因になり、老化を早める可能性が高いのです。

もちろん、好きでもない相手と嫌々するセックスは老化を早める原因になります。なぜ、質の悪いセックスが老化を早めてしまうのでしょうか。

その原因は、質の悪いセックスによって体内で発生する活性酸素。活性酸素は体の機能に悪い影響を及ぼすエイジングケアの敵です。
ストレスを感じながらセックスし、その想いとは逆に体だけが快楽に反応した場合、知らず知らずのうちに体内は無酸素状態になっています。

このとき、無酸素状態の体内では大量の活性酸素が発生し、正常な細胞の生まれ変わりを妨げてしまい、ターンオーバーが上手くいかず老化が早まります。
細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズに機能しなければ、肌の内部には老廃物が溜まりシミやくすみ、たるみやシワの原因になってしまいます。

活性酸素はエイジングケアを邪魔する原因の一つ。活性酸素により細胞の酸化が早まると肌がサビつき、老化現象が早まるという仕組みです。

くれぐれも、ストレスを感じるような質の悪いセックスは避けるべき!気持ちが拒否している状態でセックスするのは論外!

今回の調査内容では週4回のセックスで若返り効果があるという結果でしたが、そもそも重要なポイントが“質の良いセックス”であることを忘れずに!
セックスで若返り効果を期待するのなら、愛おしい相手とストレスを感じない状態でセックスすることが大切なんです。

それが、愛のある正しいセックスと言えるのではないでしょうか。パートナーとの関係を深めながら、質の良いセックスで若返りを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Specialコンテンツ[PR]

美魔女アラフォーの新定番!プラセンタサプリ【ステラマリア】でエイジングケア!

もう“老け顔”なんて言わせない!ファンケルがエイジングケアに適している3つの根拠

アラフォーからの美白ケアの救世主!富士フィルムの美容液が話題

関連記事